ブログトップ | ログイン

遠野・パナマキてずから紀行

tezukara.exblog.jp

遠野在住六年で、また花巻へ逆戻り。引っ越してから、遠野の画像がめっきり減って、苦肉の策としてタイトルを変更。内容は至ってタワイのないものなので、あまり期待しないのが正しい読み方(笑)。

カテゴリ:遠野物語関係( 47 )

a0029157_9261993.jpg

娘は河童との出会いを切望するも、今回も空振り。本人が河童をとりそう…

河童をとる=水でびしょぬれになるの意
by tezukara | 2010-05-02 09:26 | 遠野物語関係
a0029157_11183785.jpg

遠野市で全戸配布された「遠野物語へようこそ」を夫の実家から借りてきて読みました。
読んだら「現代民話考」も読みたくなって引っ張り出してきました。
この本には、「遠野物語」からの転載も多くあり、姉妹本のようです。
by tezukara | 2010-02-09 11:18 | 遠野物語関係
a0029157_11225160.jpg

蔵のあたりで休んでいたら…突然河童が飛んできた。
見知らぬおじさんが「けるがらよぅ〜」と投げてきたのでさた。
なんで?ウチの娘が格別可愛かったから(爆笑)??
そんな河童ですがよく見ると、なんと一枚の紙を切り抜いて出来てるんです!
いいもの貰ったなあ。
by tezukara | 2009-09-20 11:22 | 遠野物語関係
続き石に行く道の途中にありますよ。
a0029157_1117174.jpg


続き石のミニチュアです。本物じゃありませんよ(言わずもがな?)。
以前、ここで嬉々として記念写真とっている観光客と思しい方々を見たことがあるので・・・。
余計な心配。

本物はものすごい迫力です。あと熊が出るかもしれせん。
気をつけてください(言わずもがな?)。
by tezukara | 2005-05-10 11:19 | 遠野物語関係
a0029157_160266.jpg

秋は終わりですね。冬場は、河童たちの首にマフラーが巻かれます。
by tezukara | 2004-11-30 16:00 | 遠野物語関係

a0029157_22192818.jpg市内中心部から、川井へ抜ける道の途中に小さな碑が立ってます。
表面には、天保の年号が彫られています。
「右 大槌 左 早池峰」
どちらも、この地点からは遥か遠くの地名です。
昔の交通事情を考えると、一日仕事です。
by tezukara | 2004-10-09 22:19 | 遠野物語関係
体育館に行ったついでに、昔話村を撮りました。来内川を挟んで、すぐ目の前です。
a0029157_15554125.jpg
小さく見える胸像は、柳田翁です。その後ろにある建物が、柳田翁が遠野に来た際に投宿した高善旅館です。中の造りとか間取り、素敵ですよ。


a0029157_15583176.jpg
すぐ横は来内川。初めて見たときには、市内中心部を流れている川なのに、とても澄んでいることに驚きました。
左手に見える建物は豆腐屋さんです。座敷童子が歩いた道の画像の突き当たり左の建物です。
by tezukara | 2004-09-01 15:58 | 遠野物語関係
消防署の近くにある、ちいさなお社にはさすらい地蔵が祭られています。
力自慢の男たちに抱きかかえられた、ということで男好きの女地蔵といわれているらしいです。
うむ。
a0029157_13144211.jpg


a0029157_22302154.jpg
これがお地蔵様。石の上に寝ているような状態。首がありませんよ~??


a0029157_13151588.jpg
お社横を流れる小川。裏手が消防署なので、消防車と救急車が見えます。
by tezukara | 2004-09-01 13:13 | 遠野物語関係
はっ、このお寺にも象さんが!
a0029157_11455814.jpg

by tezukara | 2004-07-28 11:47 | 遠野物語関係
有名処を訪ねて来ました。常堅寺は、河童淵があることで知られています。伝承園と近いので、観光客の皆様は伝承園の駐車場からテクテクと歩いてきますが、地元民はそんなまどろっこしいことはナシ。お寺のすぐ隣に駐車場があるので、そこへ停めて見学です。
a0029157_1139223.jpg


a0029157_11402712.jpg
立派な金剛力士像のある山門を潜ると、左手に河童狛犬があります。
お皿には、お賽銭がいくらか入っていました。常堅寺が火事の時に、この皿から水が噴き出してお堂の火を消したというお話が伝わっています。


a0029157_11421735.jpg

そして、河童淵です。こちらで二十四時間ライブ中継していますよ。
しかし、毎回思うんですがあの山門から想像が出来ませんよ、いきなりこんな川がお寺の裏を流れているなんて。
by tezukara | 2004-07-28 11:45 | 遠野物語関係