ブログトップ | ログイン

遠野・パナマキてずから紀行

tezukara.exblog.jp

遠野在住六年で、また花巻へ逆戻り。引っ越してから、遠野の画像がめっきり減って、苦肉の策としてタイトルを変更。内容は至ってタワイのないものなので、あまり期待しないのが正しい読み方(笑)。

<   2004年 06月 ( 26 )   > この月の画像一覧

a0029157_11952.jpg
ホップ畑のそばにあった、なごみの風景。

栗の花、現在満開。
by tezukara | 2004-06-30 11:11 | ご近所散歩
a0029157_21730.jpg
遠野はホップの栽培がとても盛んで、近年遠野産のホップのみを使用した「毬花」がキリンから発売されています。
美味いらしいです。ワタシは下戸なので分かりませんが・・・。
by tezukara | 2004-06-30 11:09 | ご近所散歩
a0029157_11625.jpg
土淵の葉タバコ畑。
山間部では、葉タバコの栽培が盛んです。

賢治作品の『風の又三郎』に、又三郎がタバコの葉をむしって、地元の子供たちに「そんなことすると、専売局に捕まるぞ!」と言われるシーンがあります。
葉たばこは貴重な現金収入源だったので、大切にされてたんですね。
by tezukara | 2004-06-30 11:07 | ご近所散歩
a0029157_11234.jpg
墓地から、山口の里を望む。
写真右端の曲り家が、喜善氏の生家(らしい。たぶん正解)。

風景を見て一息ついていたら、あることに気づきました。

‘人はいないけど、アレはいるんじゃない? て、ゆーか出てもゼンゼン不思議じゃないよ、熊が!!’

と、すたこら山道を降りました。
熊よけの鈴やラジオも必要な遠野路。これから持って歩こうと思いました。
by tezukara | 2004-06-30 11:03 | 遠野物語関係
a0029157_10590.jpg墓地までたどり着きました。
・・・しかし、喜善氏のお墓はどれ??

墓碑は、折口信夫筆。これは、見たい是非見たいと、あちこち見て歩きました。
墓地は段になっており、見つけるために徐々に上の段へ移動。

ようやく、見つけました。
これといった、説明の表示はありません。

気長に探してください。
by tezukara | 2004-06-30 11:00 | 遠野物語関係
a0029157_10531.jpg佐々木喜善氏のお墓まで行ってきました。
肝心の資料を忘れて、観光用に設置されている道標を頼りに出かけましたが、『ダンノハナ』まで来たら、いきなり道が獣道状(失礼)に。
昨日同様、山道です。今日は大人しく、長靴に履き替えて山道を登りました。
by tezukara | 2004-06-30 10:54 | 遠野物語関係
山の神ですが、岩手山は男神ですね。

奥さんは、姫神山。それで、愛人が早池峰山(笑)。

姫神は均整の取れた三角錐で、シルエットがとても美しいです。
けれども不思議な山だなあと思います。寒くなっても、他の山ほど雪を被らないし。

方や早池峰山は、岩手山と競うように早々に雪を頂きますし、なんと言ってもワイルドな美しさを持っているように感じます。

花巻生まれのワタシにとっては、“ふるさとの山”は早池峰です。
ありがたきかな(笑)。
by tezukara | 2004-06-30 03:32 | 遠野物語関係
a0029157_131115.jpg
ある時、女神が3人の娘を伴って来て、ここで宿を取ることになりました。
「今夜よき夢を見たらん娘によき山を与ふべし」と、母神が娘たちに伝えました。

そして、深夜に霊華が姉の胸の上に降りて来たのを、目を覚ました末の娘が華を取り自分の胸の上に載せたらば、最も美しい早池峰を得ることができたということです。
ちなみに姉たちは、六角牛山(ろっこうしさん)と石上山を得ることになりました。

山の神は、女性だというのが通例なんでしょうか。
松谷みよ子さんの著書に、山で作業していた人が車の鍵を無くして難儀していた話があります。それをみていた現地の人が「男のひとのを見せると山神さまが喜んで、鍵を返してくれる」といった記述が。

階段を上りきってすぐの所に、小さな小さな狛犬くんがいました。
苔むしていましたが、表情は豊かでした。

さて、鍵の話ですが、話を聞いた人は「そんなことあるかいっ!」と言ってたら、一緒に作業していた若い男性が鍵を見つけて持ってきたそうです。
「そこで立ち小便したら、足下にあった」
by tezukara | 2004-06-29 13:12 | 遠野物語関係
a0029157_125751.jpg
遠野物語2番の舞台へ行ってきました。

場所は、市内から10kmていど離れた山間の地区です。
住田へ行く道路のすぐ脇に鳥居がありました。
車を路駐(ハザードつけて)にして、鳥居をくぐったら遙か頭上にお堂が・・・。

短時間で行けるところではない、と判断して回れ右。車を鳥居横の地区消防車を置いている広場に移動してから、急な石段を登りました。

鬱蒼とした、木立。鳥の声と、来内川のせせらぎが聞こえました。
by tezukara | 2004-06-29 12:59 | 遠野物語関係
a0029157_231324.jpg
お父さんが、育児に積極的でよかったわあ~といった感じのおかあさん。

視線の先は、下の親子山羊です。
by tezukara | 2004-06-28 23:14 | 犬・猫・山羊