ブログトップ | ログイン

遠野・パナマキてずから紀行

tezukara.exblog.jp

遠野在住六年で、また花巻へ逆戻り。引っ越してから、遠野の画像がめっきり減って、苦肉の策としてタイトルを変更。内容は至ってタワイのないものなので、あまり期待しないのが正しい読み方(笑)。

<   2011年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧

a0029157_2212016.jpg

携帯のデータに2月11日の画像がありました。
仕事を気にしなくていい金曜日の祭日、遠野郷八幡宮さまでお茶などご馳走になりながらくつろがせて頂きました。
…1ヶ月後に起こる大災害など知るよしもなく…
あれから七週間。今日は四十九日です。
亡くなった方々のご冥福を祈り黙祷…
by tezukara | 2011-04-28 22:01
目の下にくまが出た!
うわっ!
by tezukara | 2011-04-27 22:40
春めいた今日の夕方、娘をスイミングへ送る途中のこと。
「おかあさん!」
と娘が叫んでビックリ。なんじゃ!?と思ったら
「さくらがさいてる!!」
…おお、娘、桜に感激しておる!
先月九歳になったばかりの娘にとって、桜を意識するようになってまだ数回目の開花。
娘の瞳には世界はキラキラと輝いて見えるんだろうな。
例えば震災にあおうが、父親が現在無職だろうが(笑)、母親が年々太めになっていこうが(笑)
世界は輝いているのだね。
by tezukara | 2011-04-26 21:30
震災前はパンパンに膨らんだ袋を抱えて日々を過ごしていたような気がする。
地域と子ども会の役員、提出期限のある大切な2つの書類(うち一つは確定申告)、あと仕事の担当者に腹を立てて「しばらくは連絡よこすな、つーか来るな!!」とメールしたり。忙しさは120%くらい。
で、あの震災…
袋の底が一気に音を立てて破れた感じがした。
暫く呆然…
気持ちがいくらか切り替わったのは仕事が再開したあたりから。
そんな今の日常の忙しさは震災前に比べたら五割減の70%くらい。
被災地の方に自分ができる形で支援したり、去年は思うように進まなかったボランティアの活動をまだまだできるようなのでしていきたいと思う。
明日は月曜日。月曜日結構好き。
by tezukara | 2011-04-24 22:42
福島原発の事故のニュースを見るにつけ、津波被害とはまた別の苦難を感じさせられる。
…だって頑張りようがないじゃない。
瓦礫は時間がかかっても人の手でどけられるけど、放射能とかは人の手にあまるもの。
避難圏内にまだいる住人に役場の方が説得に行く映像の片隅、猫が足早に去っていった。
また残される犬や猫、家畜がいるのだろう、と思うとまた別の切なさを感じずにはいられなくなる。
明日、夫は被災地にボランティアしにいく。
by tezukara | 2011-04-22 21:51
a0029157_169547.jpg

塩野七生/著
「十字軍物語」第二巻。
震災から少ししてから新聞に新刊の知らせを見てから、待った! 待っていた本!!

また今回も、人権もへったくれもない赤裸々な中世の歴史を塩野先生から学ぶわけですな。
仕事の合間に少しずつ読むのだ。フッフー(笑)
by tezukara | 2011-04-17 16:09
仕事を統括しているところから知らせが来た。
やはり宮城県でも犠牲者が…
平穏に仕事が出来ることがどれほど幸せなことか…
ただご冥福を祈るしかない。
春の温かな日。
by tezukara | 2011-04-14 22:08
掃除
洗濯
美容院(金曜に授業参観あるから…しぶしぶ…普通の母ちゃんですから)
娘の履けなくなった靴を洗う…三足ほど
買い物…月曜娘が弁当だから
仕事の準備。木曜の余震で壊れたものなどを片付ける
家計簿つける
防災グッズはじりじり集めることにしよう。
できれば懐中電灯をもう一本
by tezukara | 2011-04-09 21:53
実は旦那が仕事を辞めた。はっきり言って同僚に乗せられた、というか焚き付けられた、とワタシは思うが。
介護の仕事なんて女がやる仕事! 安い給料でやってられるか!!
…旦那は年金や保険料を収入から再度払い出す苦労を分かってない。
で昨夜の地震のとき。
その焚き付けた元同僚と飲み会。停電で信号機が作動していない中、やっとこ迎えに行ったらばグデングデンに出来上がってるし!
いろいろ腹が立ちブチ切れそうです。
災いを被る…
これもまたある種の被災か!?
沿岸部の方のご苦労を思えば片腹痛いかんじか?あーあ(゜Д゜)
by tezukara | 2011-04-08 19:27
被災?してから、よく見るようになった夢の内容は、非常持ち出し袋を作っていて「あれもたりない、これもたりない」とアタフタしているというもの…。
家も家族も被害0なワタシですらこのような感じ。
実際、津波に追われたり家や家族をなくした方の心の傷を思うと、筆舌尽くしがたい…のだろうな…。
by tezukara | 2011-04-07 21:44